不穏患者対策に役立つ男性看護師

男性看護師の活躍する場面は色んな所にありますよ!

不穏患者対策に役立つ男性看護師

不穏な患者は大きな声で叫んだり興奮して物を投げたり噛み付いたりする状態の 患者様です。不穏患者の対応といいますと「精神科に限ったことだ」思っている かもしれません。

実際には脳神経外科や一般病院の外科や内科でも頻繁にそういったシーンに 遭遇します。そうした時に男性看護師がいれば頼りになるでしょう。

ここでは、不穏患者対策に役立つ男性看護師について説明します。 女性看護師では患者様の力に負けてしまうことも多いです。 症状によりますが相手が男性だと暴力性が表に出なくなる患者様もいます。

男性看護師がいるだけで対応がスムーズになります。 しかし、必ずしもそうでない場合も多いですから男性看護師にも覚悟が必要です。 少しでも医療スタッフの被害を抑えるために男性の力は役立つわけです。

とにかく女性看護師や他の患者様に被害が及ばないように覚悟を決めて壁に なりましょう。対応相手の不穏患者ご自身にも怪我をさせないよう注意しなけ ればなりません。暴れている患者様の腕を押さえ医師や看護師に筋肉注射を 打ってもらいおとなしくさせます。

医師は男性が多いですが「暴れている」と報告しても忙しいせいか 「注射しておいて」と言うだけの人が多いようです。 実際に患者様の矢面に立つのは多くのケースで看護師になります。

男性看護師は最低でも各科に1人は必要だと思います。 不穏状態を起こす可能性のある病気は色々ですから一概に精神科だけの 問題とは言い切れません。

ではどのような患者様が不穏状態になってしまう恐れがあるのでしょうか? 認知症・統合失調症・うつ病などの精神疾患がある患者様や感染症による 脳炎の患者様、甲状腺機能亢進症など内分泌疾患を持つ患者様や、 インターフェロンやステロイド、抗がん剤などの化学療法による副作用が 考えられます。

以上、不穏患者対策に役立つ男性看護師について説明しました。

不穏とは少し違いますが一時的に発生する意識障害としては譫妄(せんもう)が あります。外界からの刺激に対する反応が鈍り、錯覚・妄想・まひなどを起こす 意識障害のことです。

譫妄は高齢者に大きなストレスが加わった場合や持病で弱っている患者様に発生 することがあります。どこの病棟でも発生する可能性があるのです。 そういったケースがあることを想定すると、全病棟で常時1名以上の男性看護師 がいるのが望ましいと思います。