美容外科看護師の求人に応募、看護師への復職

美容外科看護師はブランクがあっても大丈夫?

美容外科看護師の求人に応募、看護師への復職



看護師は全体の95%以上が女性が占める、女性が多い仕事の一つです。
女性が積極的に働く社会になってきているものの、結婚や出産を期に退職する人は
少なくありません。

ただ、子育てなどがひと段落した段階で復職を考える人も多く、潜在的に看護師で
ある人は実は多いのです。ブランクを気にする人もいますが、できれば復帰される
ことを望まれている職業でもあります。

日本はご存知の通り、高齢化社会です。そのため、医師だけではなく看護師も不足しています。厚生労働省によると、2013年は42,000人程不足するとの予測があります。このような背景からも、ブランクがあっても看護師として復職する人は基本的に歓迎されるのです。そんなブランク明けの看護師に人気の求人先が、美容外科看護師の求人サイトです。


予め復職するつもりで一度退職する人もいますが、そうでない場合、ブランクが
あることで看護師として復帰することを躊躇する人もいるかもしれません。
確かにブランクがあるからこそ何らかの不安を抱くのは当たり前だとも言える
でしょう。

例えば、数年ブランクがあることで過去に働いていた時と今とでは医療現場の
事情が異なっているであろうこと、最先端の医療情報を追えていないこと、
場合によっては上司が自身よりも年下になる場合も考えられ、人間関係を不安視
してしまうこと等あるかと思います。

でも上記のようなことは殆どの場合が心配いりません。復帰する際、知人を
通じて就職する人もいますが、多くの場合が就職活動を行います。その段階で、
最近の医療についてや、医療現場の様子については情報を提供してもらえる
ことが多いです。

また、上司が年下になるかもしれない、のような事はどこの職場でもある事で、
ブランクを抱えつつ看護師に復職する人も多いため、それが原因で人間関係が
うまく築けないケースは極々稀だといえます。

それよりも、今までの経験や重ねてきた年齢からでる安心感を患者さんに与える
ことができるメリットを、復職者は兼ね備えています。そのため、看護師は
ブランクを気にせず復帰できる仕事なのです。

不況でも看護師資格があれば転職できる

結婚する時に一番悩んだのが、このまま看護師を続けられるのかってことでした。 病院勤務だったから夜勤とかあるし、ちゃんと家庭を築けるのかなって。 夫になる人は、普通の会社員だったので、休みも生活時間も合わないし・・・

私は、結婚したら子供がすぐ欲しかったので、それも悩みの種でした。 ハードな病棟勤務で妊娠・出産・子育ては絶対無理だと思いました。 できる人もいるかもしれないけど、私には無理でした。

小さな子供を残して夜勤に行くなんてできる自信がありませんでしたし、 子供のことで急に休んだりなんて当時の職場では、肩身が狭すぎて絶対無理でした。 重篤な患者さんを担当することも多かったので、精神的にも子育てをしながらは とても耐えられそうにありませんでした。

それで、入院施設のないクリニックに転職しました。夜勤は当然無いし、 残業もほとんど無いし、日曜祝祭日も休みだし、夏季休暇や年末年始の 長期休みまであるので、大満足です。ただ、お給料は大分下がりましたけど。

転職先は女性専門クリニックにしたので、清潔キレイでおしゃれな職場です。 最寄の駅からも徒歩ですぐなので、通勤もとても楽です。 仕事の帰りに駅前のカフェで一休みして、スーパーで買い物もできちゃいます。 駅からバスで20分もかかってた病院に勤務していたときには 考えられなかった自由です。

結局、子供は二人産んだんですが、どちらの子も出産ギリギリまで働けましたし、 子育ても保育園に預けはしましたが、できる限り自分の手で育てられました。 子供も大分、大きくなってきたので、子供の教育費と自分自身のやりがいの ためにまた病院勤務へ戻ろうか考え中です。元同僚の看護師も私と同じような 職歴を辿ってる人が多いです。

最初に大きな病院へ勤めて、結婚と同時に診療所とかクリニックに転職して、 子育てが一段落ついた頃に病院へ復帰するルートです。 看護師はいつでも人手不足なので、転職がしやすいのがいいですよね。 この不況にこんなに職を選べるって幸せなことだと思っています。
昭和大学病院


看護師求人情報サービスとは?

ナースバンクとかハローワークは看護師が就職や転職を希望する窓口のメインでした。 ナースバンクは新しい職場を求める看護師を対象にした各都道府県に 設置された無料の職業紹介所で看護協会が運営しています。

しかしながら、インターネット全盛時代に入ると少し様子が変わってきています。 近頃では<看護師求人情報サービス>を活用する人たちが毎年増加している 傾向です。 ここでは、看護師求人サービスはどんなサービスで、 どんなメリットがあるのかをご紹介します。

実はナースバンクやハローワークは看護師の転職を専門にしている機関では ありません。ナースバンクのスタッフは以前看護師をしていた人たちが多いです。 けれども求人紹介をしていただいたりとか職場へのコンタクト以外の仕事を お願いできません。

以前看護師をしていたスタッフの皆さまですから看護師特有の希望や悩みには 理解があるでしょう。けれども、希望を実現するとか悩みを解決してくれる とうところまでは手が届きません。

一方、看護師求人サービスは看護師転職専門の経験豊富なコンサルタントが、 仕事を探しているひとりひとりの看護師を徹底してサポートしてくれるのが 大きな特徴です。

全国多数の病院の情報をデータベースで持っており、看護スタッフの離職率が 高い職場や評判があまり良くない職場などを熟知しています。 「看護師がどういった希望を持っているのか」とか「どのような悩みを抱えて いるのか」を詳細に理解をし、個人個人のニーズに合ったサポートやアドバイスを してくれるでしょう。

ある調査機関は<看護師の約50%が転職に失敗している>と報告しています。 求人票に掲載されている情報のみを信用しきってしまうと、実際に仕事をして みたら事前イメージとかけ離れている事例が多いです。

求人票には職場に不利になるデメリット表示はしませんから自分で調べるしか 方法がありません。 しかし現実に<調べる>といっても限界があり、そういった時に頼りになるのが 看護師求人情報サービスを使って代行していただくことです。

以上、看護師求人サービスはどんなサービスで、どんなメリットがあるのかを ご紹介いたしました。看護師や准看護師ならば、どなたでも全部のサポートが 無料で利用できますのでお得で安心です。

透析看護師は子育てと両立可能?

最近は女性でも長く働き続けたいと思う人が増えています。結婚や出産で一時的に休職したり退職する人もいますが、ある程度子育ての目処がついたところで仕事に復帰するのです。

看護師の場合は比較的仕事を続ける人が多いですが、 働く場所を選ばないと、子育てとの両立が厳しくなります。 夜勤があったり、勤務時間が長い職場では、 子供と一緒にいる時間がなかなか取れなくなってしまいます。 自分の代わりに子供を見てくれる人がいないと難しいでしょう。

でも夜勤がない病院を選んだり、勤務時間が短くても大丈夫な 職場であれば、子育てと両立することも可能です。 透析施設は夜勤や当直もありませんし、日曜日が休みということもあり、 お子さんを持つ看護師の方も、比較的勤務しやすい状況が整っています。

病院にもよりますが、透析室で働く看護師の中には 子育て中の人や、子育て経験者がたくさんいます。 仕事にやりがいと感じると共に、働きやすい職場であることが 就業を後押ししているのでしょう。

とくに病院から子育て看護師に対する支援があると、 より働きやすくなります。 赤ちゃんや小さい子供がいると、頻繁に熱を出したり 体調を崩したりします。

これは仕方がないことなのですが、女性が職場復帰するには 子供の体調が大きなネックになることが多いのです。 でも子供が体調を崩した時に、看護師同士で助け合うことが できる環境であれば、ぐっと働きやすくなるはずです。

働き続けることができれば、透析看護の技術も上がっていきますし、 病院側としても、看護師がすぐ辞めるという事態を防ぐことができます。 長い目で見ると、看護師が働きやすい環境を作ることが、 病院のためにもなるわけです。

子育て中の看護師が一人で奮闘するのはとても大変ですが、 同じ看護師のチームで助けあうことができれば 仕事も続けやすくなります。 透析室は他の診療科よりも勤務体制の面で恵まれていますから、 子育て中の看護師を優遇してくれる病院を選べば、 長く働き続けることも可能になります。